利用規約

会員規約

第1章 総則

第1条(会員規約)
この会員規約は、D-note(ディーノート)が提供するサービスを、第5条所定の会員(以下「会員」といいます。)が利用する場合に適用します。

第2条(会員規約の範囲)
1.D-noteが、この会員規約本文の他に、別途、第4条に定める通知方法により会員に通知したサービス利用上の決まり、およびその他の利用条件等(以下、併せて「利用規約等」といいます。)も、この会員規約の一部を構成するものとします。

2.この会員規約本文の定めと利用規約等の定めとが異なる場合は、当該利用規約等の定めが優先して適用されるものとします。

第3条(会員規約の変更)
1.D-noteは、会員の了承を得ることなく、この会員規約を変更することができるものとします。この場合には、サービスの利用条件は、変更後の会員規約によるものとします。

2.変更後の会員規約については、D-noteが別途定める場合を除いてインターネットのホームページ上に表示した時点またはD-noteが指定した期日より、効力を発するものとします。

3.会員は、この会員規約の変更に対し、異議を申し立て、権利を主張し、その他一切の請求をすることができないものとします。

第4条(D-noteからの通知)
1.D-noteは、インターネットのホームページ上の表示、メールの送信、書面の交付、その他D-noteが適当と判断する方法により、会員に対し随時必要な事項を通知します。

2.前項の通知は、D-noteが当該通知の内容を表示または発信した時点より効力を発するものとします。

第2章  会員

第5条(会員)
会員とは、D-noteの趣旨に賛同し、この会員規約(利用規約等を含みます。)に同意したうえで、D-noteの提供するサービス申し込み希望者および利用者(以下「利用者」といいます)のことをいいます。なお、利用者が未成年者の場合は、その保護者も会員とします。

第6条(会員登録)
1. サービスのご利用には会員登録が必要となる場合があります。会員登録にあたっては、D-noteが定める方法に従い、所定の事項を登録してください。

2.入会希望者は、入会申込に係わる必要書類について真実を記入しなければならないものとし、虚偽記載の場合は、D-noteは、サービス利用をお断りし、サービス利用申込承認後であっても利用資格を一時停止、または利用をお断りすることができるものとします。

3. D-noteは、登録情報を、本サービス内の他の登録サービスにおいて利用することができるものとし、登録利用者は予めこれを了承するものとします。

4.会員は、別に定める入会金、会費および利用料金ならびにその他の料金を所定の期日までに、所定の支払方法により支払うものとします。支払い済みの諸費用は、事由の如何にかかわらず返却いたしません。

5.暴力団関係者その他反社会的勢力である、または反社会的勢力と目的の如何を問わず、取引関係または人的関係等がある場合は入会をお断りします。

第7条(会員資格の停止・除名)
D-noteは、会員が次の各号の一に該当する場合は、会員資格を一時停止または除名することができるものとします。この場合、会員は、利用料金(会員資格の一時停止または除名の日の属する月の月会費を含みます。)に未納金がある場合、その支払期限にかかわらず、直ちに完納するものとします。

(1)この会員規約(利用規約等を含みます。)に違反した場合。
(2)会費および利用料金ならびにその他の料金の支払いを怠った場合。
(3)D-noteの運営を妨害した場合。
(4)D-noteの信用を毀損した場合。
(5)D-noteの財産を侵害した場合。
(6)他の会員の身体、財産、名誉、信用を毀損した場合。
(7)法令、公序良俗に違反し、犯罪に結びつく行為をした場合。
(8)D-noteの趣旨に著しく反する行為をした場合。
(9)暴力団関係者その他反社会的勢力であること、もしくはあったことが判明した場合、または反社会的勢力と目的の如何を問わず、取引関係または人的関係等があること、もしくはあったことが判明した場合。
(10)その他D-noteの運営に支障があるとD-noteが判断した場合。

第8条(退会)
1.会員は、退会を希望する月の5日までに所定の退会手続きを行うことによって、その月の末日をもって退会することができるものとします。

2.最後の利用から1年間利用がない場合は、利用継続の意志がないものとみなし、D-noteの判断で自動退会の手続きをとることができるものとします。

第9条(休会)
会員は、原則として休会することはできないものとします。

第10条(会員情報変更の届出)
会員は、D-noteの届出会員情報に変更があった場合には、速やかにD-noteに所定の用紙で変更の届出をするものとします。 なおD-noteは、会員が、登録情報の変更等の連絡を当団体に懈怠したことにより生じた全ての事象について、一切責任を負いません。

第11条(譲渡禁止等)
会員は、会員として有する権利を第三者に譲渡したり、名義変更、質権の設定その他の担保に供したりする等の行為はできないものとします。

第12条(個人認証情報の管理責任)
1.会員番号(メールアドレス、特定のサービスの利用のためにD-noteが付与する番号等を含みます。以下同様とします。)および会員番号と組み合わせるパスワードその他の記号等は、いずれも会員のサービスを利用する権利が認識されるに足りる情報であり、この会員規約においては、いずれも「個人認証情報」といいます。

2.会員は、自己の個人認証情報を条件とするサービスを利用する権利を、第三者に使用させず、第三者と共有あるいは第三者に許諾しないものとします。会員の個人認証がなされたサービスの利用やそれに伴う一切の行為は、本項に反してなされた第三者によるサービスの利用やそれに伴う一切の行為も含め、会員による利用および行為とみなすものとします。

3.会員は、個人認証情報の管理について一切の責任をもつものとします。

4.特定のサービスの利用のためにD-noteが付与する認証情報も、前3項の定めと同様とします。

第13条(責任事項)
1.会員は、自己の責任においてサービスを利用するものとし、そのサービスを利用してなされた一切の行為(前条により、会員による利用または行為とみなされる第三者の利用または行為を含みます。以下同様とします。)とその結果について、一切の責任を負うものとします。但し、D-noteの責に帰すべき場合を除きます。

2.会員は、サービスの利用に伴い、第三者から問い合わせ、クレーム等が通知された場合は、自己の責任と費用とをもって処理し解決するものとします。

3.会員は、第三者の行為に対する要望、疑問もしくはクレームがある場合は、当該第三者に対し、直接その旨を通知するものとし、その結果については、自己の責任と費用とをもって処理解決するものとします。
4.会員は、サービスの利用によりD-noteまたは第三者に対して損害を与えた場合(会員が、この会員規約上の義務を履行しないことにより第三者またはD-noteが損害を被った場合を含みます。)、自己の責任と費用とをもって損害を賠償するものとします。

第3章  その他

第14条(サービスの内容等の変更)
D-noteは、会員に事前通知をした上で、サービスの内容・名称を変更することができるものとします。

第15条(料金の改定)
D-noteは、会員に事前通知をした上で、経済情勢等の変動または経営上の都合により、入会金、会費、利用料金、その他の料金を随時改定できるものとします。

第16条(施設の廃止・利用の制限)
1.D-noteは、天災地変、法令の制定改廃、行政指導、社会情勢、経済状況の著しい変化、経営上の都合その他やむを得ない事由が発生した場合、施設及びサービスの一部を廃止し、又、その利用を制限することができるものとします。

2.D-noteは、前項の定めに基づき施設の利用が困難となった場合、全ての会員を退会させることができるものとします。又、それに対して補償は一切行わないものとします。

3.会員は、前2項の場合において、何ら異議を申し立てることができないものとします。

第17条(サービスの提供の中止)
1.D-noteは、会員に事前通知をした上で、サービスの全部または一部の提供を中止することができるものとします。
2.D-noteは、サービスの提供の中止の際、前項の手続きを経ることで、中止に伴う会員からの損害賠償の請求を免れるものとします。

第18条(個人情報)
1.D-noteは、会員の個人情報を適切に取り扱うものとします。

2.D-noteは、会員の個人情報を、以下の目的のために利用するものとします。

(1)サービスの提供、お申込受付、入会等の手続き。
(2)サービス・イベント・キャンペーン・会費等に関するお知らせ、その他のPR。
(3)イベント・キャンペーン等の企画、運営、管理、その他の諸対応。
(4)緊急時のご連絡、お問い合わせ、その他諸対応。
(5)メールマガジンの送付。
(6)その他、会員から同意を得た利用目的。

3.D-noteは、前項の利用目的の実施に必要な範囲内で個人情報を業務委託先に預託することができるものとします。 この場合、業務委託先との契約においてこの会員規約に基づくD-noteの義務と同等の義務を負わせるものとします。

4.D-noteは、あらかじめ会員本人の同意を得ることなく、第三者に会員の個人情報を開示、提供しないものとします。 但し、法令により認められる場合を除きます。

5.会員は、自らの個人情報を、サービスを利用して公開するときは、第16条(責任事項)が適用されることを承諾するものとします。

6.D-noteは、会員の個人情報の属性の集計、分析を行い、個人が識別・特定できないように加工したもの(以下「統計資料」といいます。)を作成し、新規サービスの開発等の業務の遂行のために利用、処理することができるものとします。また、D-noteは、統計資料を業務提携先等に提供することができるものとします。

第19条(著作権および所有権)
1.本サイト(本サービスで提供する情報、および本サイトを構成するすべてのテキスト、画像、動画等を含みます)に関する著作権その他すべての知的財産権は、本規約に特に定めのない限りD-noteに帰属します。 これらを利用者が無断で使用することはできません。

2. 本サイト上に表示される商標、ロゴ、およびサービスマークは、D-noteの登録商標または未登録商標です。D-noteは、本規約により利用者に対し、当該商標、ロゴ、およびサービスマークを譲渡し、または使用許諾するものではなく、利用者は、本サイト上の未登録商標に対し、商標登録の権利を行使してはならないものとします。

3.D-noteインストラクターによる模範演技やD-note主催のイベント、レッスン、発表会のダンス・映像等及びD-noteが制作した映像、音楽、振付等に関する著作権その他一切の権利(利用者の肖像権等の権利も含む)はD-noteに帰属するものとします。これらは、D-noteの裁量により使用できるものとし、利用者は異議を述べないものとします。

4.D-note主催の研修、イベント、レッスン、発表会等に関わる制作物に関する著作権その他一切の権利(利用者の肖像権等の権利も含む)はD-noteに帰属するものとします。これらは、D-noteの裁量により使用できるものとし、利用者は異議を述べないものとします。

5. 利用者が、前3項、前4項に違反したことにより、紛争、請求またはクレーム(以下「紛争等」といい、当社に対して使用許諾している権利保持者からの紛争等に限りません)が発生した場合、利用者は、自己の費用と責任において問題を解決するものとし、D-noteに対して迷惑や損害を与えてはなりません。

第20条(リンク先)
本サイト上には、D-note以外の第三者が提供するサービス、商品等に関する広告宣伝その他コンテンツの提供がある箇所(以下「リンク先」といいます)があります。利用者は、リンク先での一切の事象について、リンク先の利用規約等に従うものとし、D-noteに対していかなる請求等もしないものとします。

第21条 (協議)
会員規約に定めのない事項に関して疑義が生じた場合は、会員とD-noteが協議のうえこれを決定するものとする。

第22条 (準拠法)
この会員規約に関する準拠法は、日本法とします。

付則

この会員規約は、平成26年 12月 10日より発効します。